ロゴマーク学校法人 玉木学園長崎医療技術専門学校

MENU

学校長 副校長 挨拶

学校長 副校長 挨拶のヘッダー画像

学校長挨拶

理学療法士、作業療法士をめざす皆さんへ

長崎医療技術専門学校は平成7年に創立した理学療法士、作業療法士を養成する男女共学、3年生の専門学校であり、現在は約1500名を超す卒業生が、国家資格の専門職として医療あるいは福祉の現場で活躍しています。

わが国では、社会の急激な高齢化に伴って高齢者の医療・福祉が国家的課題になり、老年期の健康保持におけるリハビリテーションの重要性が広く認識されるようになりました。このような背景から近年の理学療法士、作業療法士に対する社会的ニーズは非常に高まっており、本校の2学科とも開講以来、就職希望者の就職率100%の状況が続いております。

本校は、創立から9年間にわたり校長を務めた内藤芳篤(長崎大学名誉教授・解剖学)が本校教育の基盤と人間性に富んだ校風を築き、2代目で12年間にわたり校長を務めた釘宮敏定(長崎大学名誉教授・心臓血管外科学)は自ら数多くの授業を行い、学生とじかに触れ合うことで全人的教育を行い、多くの優秀な人材を社会に輩出しました。

次いで、平成28年度より3代目校長となった分部哲秋(元長崎大学准教授・解剖学)は37年間にわたり長崎大学医学部において教鞭をとり、厳しい中にも人間味あふれる教育を行ってきましたが、本校においても高度の専門知識・技術と豊かな人間性を備えた人材育成に努めたいと考えております。

専任教員も経験豊富で、親身で熱心な指導に定評がある人材揃いであり、さらに、地元長崎大学と校長等の強い絆により、大学や関連施設から優秀な非常勤講師のバックアップを受け、全学科で質の高い教育が行われています。本校の卒業生は就職先の医療機関や福祉施設でも評判が良く、本校は九州でもワンランク上の医療系専門学校であるとの評価を受けています。

理学療法士、作業療法士は単なる職業にとどまらず、人が人として、真に幸せな人生を送れるよう支援をし、高齢化によって生じている重要課題に風穴を空ける存在です。

西洋医学発祥の地ともいえる長崎において、長崎港を眼下に見る恵まれた環境と最新鋭の施設・設備を備えた本校で“患者様に寄り添える医療人”をめざして、一緒に頑張りましょう。向上心に燃え、医療専門職をめざす皆さんの入学を心からお待ちしています。

長崎医療技術専門学校 学校長
分部 哲秋
昭和51年3月 山口大学教育学部 卒業
昭和53年6月 長崎大学医学部 助手
昭和61年1月 長崎大学医学部 講師
平成3年3月 医学博士 取得
平成14年4月 長崎大学大学院医歯薬総合研究科 講師
平成27年12月 長崎大学大学院医歯薬総合研究科 准教授
平成28年4月 長崎医療技術専門学校 校長

副校長挨拶

自ら学び、考え、行動する学生を育成

本校は長崎港を望む風頭山の頂にあり、長崎港の絶景と緑に囲まれたさわやかな環境の元、豊かな人間性と社会性を育み合いながら、人との関わり合いを大切にした医療の専門職を養成しています。

本校は創立26周年を迎えますが、私は開校3年目に入職しました。当時は教職員が数名しかおらず、毎日が試行錯誤で授業や行事に追われていた事を思い出します。

現在では卒業生が1500人を超え、県内の多くの施設でセラピストとして活躍しています。卒業生の臨床現場での評判も良く、本校が目指してきた教育が徐々に実を結んでいると感じています。

近年は、学生の傾向も変わり、学びの基礎となる感受性の部分が不足している学生が見受けられます。

本校では様々な行事や教育環境の整備、講義内容の工夫などを通して、自ら考え、自ら学び、自から行動することができる学生の育成に取り組んでいます。

保護者の皆様、地域の皆様のご理解とご協力を得ながら、すべての教職員の力を結集して教育に邁進いたしますので、今後とも長崎医療技術専門学校をよろしくお願いいたします。

長崎医療技術専門学校 副校長
韋 傳春

お問合わせ

【お電話でお問合わせ】
095-827-8868受付時間:午前9時〜午後5時
【メールでお問合わせ】

お問合わせ
資料請求
アクセス オープン
キャンパス
TOP
【お電話でお問合わせ】
095-827-8868受付時間:午前9時〜午後5時
【メールでお問合わせ】
© 2021 長崎医療技術専門学校 - 21世紀の医療・福祉の最前線をめざそう! - NAGASAKI MEDICAL COLLEGE